広告バナーがブロックされる

広告バナーがブロックされる
以前も書きましたが、「広告バナー」という語句で検索しようとすると、「消す」とか「うざい」などというキーワードがサジェクトされます。そして実際に、ユーザー側が広告バナーを消せる技術が広まっています。「広告ブロック」という名の。

まず、下記サイトをご覧ください。ある日の Yahoo Japan! のトップページを、2種類のブラウザで閲覧したものです。同じホームページを同じ時刻に見ているにも関わらず、この2種類のブラウザでは大きく異なる点があります。

広告ブロックなし
広告ブロックあり

そう、左(上)のブラウザでは サントリーの広告バナーがあるのに対して、右(下)のプラウザでは広告バナーがありません。
右のブラウザには 広告バナーを判別してブロックする機能をもつ広告ブロックをインストールしてあり、これが自動的に広告バナーを消しているのです。

広告ブロックとは

ホームページにアクセスした際、広告バナーを自動的に選別し、その広告を構成する要素をブラウザに読み込まないようにすることで、広告バナーを消すアプリケーションです。基本的にブラウザの拡張機能としてプラグインの形で配布されたり、スマホ用アプリとしてリリースされたりしています。ユーザーはそうしたプラグインやアプリをインストールするだけで、無料で広告ブロックする技術を手に入れられます。
2017年時点で、広告ブロックは世界中で累計6億1500万回、ダウンロードされていました。

2017 Adblock Report

ブロックする広告バナーを選別する基準

広告ブロックは初期設定では、すべての広告バナーをブロックするわけではありません。
広告ブロックが、ブロックすべき広告バナーを選別する基準は2つあります。

  1. クラウド上にあるブラックリスト。
  2. 読み込まれたページをチェックする際の独自基準。

ただし、1 のブラックリストにはおもに欧米の広告ネットワークがリストアップされており、日本の広告ネットワークはほとんどないといわれています。よって、日本の場合は事実上、2 のみがブロック基準になっているようです。

広告バナーをブロックする独自基準

広告ブロックにはいくつかあり、それぞれがブロックするための独自基準を持っています。ここでは、もっとも人気のある広告ブロックの一つ、Adblock Plus の基準を紹介します。

Adblock Plus の独自基準は「控えめな広告は許容する」というものです。
「控えめな広告」とは、まず第一に「非侵入型広告」であるということです。
「非侵入型広告」とは、第3者がトラッキングしていない広告のことです。
さらに、Adblock Plus は、デバイスごとに「控えめな広告」を次のように定めています。

デスクトップパソコンの場合

1. 広告バナーがコンテンツ(ホームページ本文)を読む際、邪魔にならない位置にあること。
○ 本文上
○ 本文下
○ 本文サイド
× 本文途中

2. 広告バナーとコンテンツが明確に区別されること。
×「広告」というラベルがない
× 本文と紛らわしい

3. 広告バナーのサイズが大きすぎないこと
○ 本文上:高さ 最大200px
○ 本文サイド:横 最大350px
○ 本文下:高さ 最大400px
○ 最初にロードしたとき、表示される広告バナーの合計面積が画面全体の25%以下

Allowing acceptable ads in Adblock Plus

この他、スマホの場合の基準もありますが、ここでは省略します。

上記基準では、ほとんどのアフィリエイトサイトは、アウトになってしまいそうです。
事実、広告バナーが表示されないアフィリエイトサイトが数多くあります。

学会・自治体ホームページの広告バナー

学会や自治体等のホームページでは、通常アフィリエイトは使わず、企業に直接、バナースペースを提供して掲載料を得ています。一般に学会や自治体等のホームページでは、広告バナーが目立つのを嫌うため、サイズも小さめです。
ブロック基準ということならば、現状のままで「控えめな広告」といえそうです。

しかし学会や自治体のホームページで、控えめな広告バナーに目をとめ、クリックするユーザーはどのくらいいるのでしょうか?
そんなホームページへ、控えめな広告バナーを出稿する企業側のメリットは何でしょうか?

広告バナーに代わるもの

広告ブロックが登場した背景には、ユーザーの広告バナーに対する嫌悪感があります。「控えめな広告」を推奨する Adblock Plus にさえ、すべての広告バナーをブロックする機能があります。
なぜ、こんなことになったのでしょうか?

これまで、広告バナーはクリックしてくれるユーザーだけを相手にし、ひたすらインパクトを求め、ともすればユーザーがホームページの内容を閲覧するのを邪魔してきました。そのツケが、ここにきて顕在化してきたといえます。さらに、広告料金稼ぎに奔走してきた一部サイトも、広告ブロックの浸透に拍車をかけたともいえるでしょう。

学会や自治体の広告バナーが、広告ブロックの初期設定ではブロックされないからといって、このまま広告バナーに頼った運営をするのは危険です。

今こそ、広告バナーとは一線を画す新たなコンセプトが必要です。
そのひとつとして、デジタルエイドは 協賛バナー というコンセプトを提案します。
協賛バナーは、企業がプライドを持って、その学会や自治体を支えるという意思表示です。
協賛バナーは、学会や自治体といった社会的な信用度の高いホームページに掲載するからこそ、意味があるのです。
デジタルエイドでは、協賛バナーの具体的な手段として、スライドバナーロゴバナー を開発しました。

まとめ

広告ブロックとは、パソコンのブラウザやスマホにインストールするアプリケーションで、ホームページ上にある邪魔な広告バナーを消してしまいます。広告ブロックは、世界中で累計 6億回以上ダウンロードされた人気アプリケーションで、その影響力は無視できません。今こそ、広告バナーに代わる新たなコンセプトが必要です。その一つとして、デジタルエイドは 協賛バナー を提案します。


コメントを残す