ブログ記事一覧

常時SSLで「保護されていない通信」を解消しよう

常時SSLは、ホームページ上のすべてのページでの通信を暗号化する技術で、これにより、そのホームページユーザーを中間者攻撃から守る。学会ではホームページとしてレンタルサーバーがよく使われるため、そのホスティング会社が販売するSSL証明書から選ぶことになる。もし無料SSLがラインナップされていれば、有力な候補となる。

カテゴリー:学会ホームページ制作・運営
公開日 2019年2月17日 | 更新日 2019年3月13日

協賛企業を募る2 協賛ロゴバナー

協賛ロゴバナーは、会社のロゴを表示するシンプルなバナーだ。ゆっくりと浮き上がり、しばらくして消えていき、次のロゴが現われるという動作を繰り返す。「協賛企業紹介」という枠内で表示されるので、企業は学会から顕彰される形になり、認知度・好感度・信頼感が増す。また、同一スペースで展開するため、数量制限をする必要がない。

カテゴリー:学会ホームページ高機能化ツール
公開日 2019年2月4日 | 更新日 2019年4月16日

協賛企業を募る1 協賛スライドバナー

協賛スライドバナーは、言葉をスライドさせることにより、企業のメッセージを伝える動くバナーだ。企業は、学会のホームページという場の信用力を背景に、単なる企業広告を超えた信頼感を得ることができる。一方、学会にとっても、同一スペースに複数のバナーを連続的に展開するため、数量制限する必要がなく、広く企業に協賛を求められる。

カテゴリー:学会ホームページ高機能化ツール
公開日 2019年1月27日 | 更新日 2019年4月16日

スマホ対応で、学会のホームページをもっと便利に

近年、スマホ保有率は向上し、今やスマホを持つ人は多数派だ。学会のホームページもスマホ対応にすれば、学会員はどこにいても、スキマ時間にさまざまなお知らせをチェックしたり、各種申込みを行ったりできるようになる。スマホ対応するために、レスポンシブウエブデザインという新しい技術を使うと、効率的に学会のホームページが作れる。

カテゴリー:学会ホームページ制作・運営
公開日 2019年1月21日 | 更新日 2019年3月13日

閲覧中の画面を保存する方法

インターネット上で興味深いデータを見つけたとき、エラーの対処法を人に聴きたいとき、パソコンの操作を画面入りで説明したいとき、閲覧中の画面を画像にして保存すると便利だ。それには次の3ステップでOK。(1) PrintScreen キーを押す。(2) 画像編集ソフトを起動する。(3) 貼りつけして、画像として保存する。

カテゴリー:Windowsテクニック
公開日 2019年1月14日 | 更新日 2019年3月28日

学会のホームページ制作に失敗しないための業者選び

ホームページ完成当初はカッコよく仕上がっても、半年から一年過ぎるあたりで、さまざまなほころびが現われる。学会のホームページ制作に失敗しないためには、制作業者の宣伝文句や実績に惑わされず、学会としてほしいホームページのヴィジョンを貫き、制作に反映させていくことが肝要だ。

カテゴリー:学会ホームページ制作・運営
公開日 2019年1月7日 | 更新日 2019年3月13日