パソコンテクニック

スマホ全盛時代、見逃されがちなのがWindowsパソコンの便利な使い方です。知っているのと知らないのでは、作業効率に大きく差が出る小技を紹介します。

ノートパソコンのバッテリーを消耗させていませんか

ノートパソコンのバッテリーを消耗させていませんか

ノートパソコンはどこにでも持ち運んで使えるようにバッテリーを備えている。外出先で人の電気に頼らなくても済むように、バッテリーを消耗させない使い方を心がけよう。1. パソコンを使うときは、バッテリー駆動で使う。2. バッテリーを高温の状態にしない。3. パソコンは、バッテリー残量 30%~80% で使い、フル充電しない。

ホームページ上の一覧表をエクセルにコピーする方法

ホームページ上の一覧表をエクセルにコピーする方法

ホームページ上の一覧表は、エクセルにコピーすることができる。まず、ホームページ上の表の必要な部分の最終行の最終セルから最初の文字まで下から逆に選択しよう。それから右クリックでコピー。あとは、エクセルを立ち上げ、「空白のブック」に張り付けるだけ。後から行や列を増やしたり、計算式を設定したりして、さまざまに加工できる。

「ネット接続しないから安全」という迷信を捨てよう

「ネット接続しないから安全」という迷信を捨てよう

ネット接続しなければ安全、というのは迷信だ。パソコン1台ですべて完結するわけではなく、他のパソコン等でデータを利用するために USB メモリを接続することが多い。じつは、USB メモリから情報を窃取し、ネット接続しているパソコンから送信させる悪質なウイルスが出現しており、ネット接続していなくても、情報漏洩の危険はある。

共同研究に役立つ共有フォルダの設定のしかた

共同研究に役立つ共有フォルダの設定のしかた

パソコンを共有している人のうち、特定の人とだけ、特定のデータを共有したい、そんなときは共有フォルダを作ろう。共有フォルダの設定に際して、共有者を指定するだけでなく、共有者の共有データに関する権限も規定することができる。メールなどでデータをやりとりする場合と違って、データの同期がとれなくなるというトラブルが起こらない。

パスワードが分からないときの見つけ方

パスワードが分からないとき、ブラウザに保存していれば、ブラウザの設定画面からパスワードを見つけることができる。パスワードをブラウザに保存するとログインが便利なだけでなく、パスワード変更の手間もかからないので、安全なパスワード管理といえる。本稿では、万一に備えて、パスワードが分からないときの見つけ方を図解する。

安心してパソコンを共有するためのアカウント設定

安心してパソコンを共有するためのアカウント設定

誰かとパソコンを共有しなければならないときは、各自のアカウントを設定しよう。それぞれが自分のアカウントでログインすれば、すでにインストールされているソフトウエアを使え、しかも作成したファイルを他人に見られることはない。さらに、勝手にソフトウエアをインストールしたり、削除したりできないので、安全にパソコンを共有できる。

アンチウイルスソフトを実力本位で選ぶには

アンチウイルスソフトを実力本位で選ぶには

アンチウイルスソフトを実力本位で選ぶなら、「売上 No1」「シェア No1」といった言葉に踊らされたり、またインチキな比較サイトに引っかかったりせず、第三者機関の評価データを読み込もう。そして評価法の限界も知ったうえで、さらに調べて知識を強化しつつ、自分に合ったソフトを見つけ出そう。

閲覧中の画面を保存する方法

閲覧中の画面を保存する方法

インターネット上で興味深いデータを見つけたとき、エラーの対処法を人に聴きたいとき、パソコンの操作を画面入りで説明したいとき、閲覧中の画面を画像にして保存すると便利だ。それには次の3ステップでOK。(1) PrintScreen キーを押す。(2) 画像編集ソフトを起動する。(3) 貼りつけして、画像として保存する。