大化から令和まで和暦西暦変換Webツール

大化から令和まで和暦西暦変換Webツール
和暦から西暦へ変換

西暦から和暦へ変換

和暦

西暦



西暦

和暦

和暦西暦変換ツールとは

和暦西暦変換ツールは、和暦から西暦へ、西暦から和暦へ、双方向に変換するwebツールです。
当 Web ページ上に設置してあるので、インストールの必要はなく、スマホでも、タブレットでも、パソコンでも、そのままお使いになれます。ご利用は無料です。ユーザー登録の必要もありません。

和暦西暦変換Webツールの使い方

  1. まず変換方向を選びます。初期設定は「和暦から西暦へ変換」になっています。
  2. 「和暦から西暦へ変換」の場合
    2-1. 最初の入力ボックスに年号を書き入れます。
    漢字1字以上確定すると、その漢字を含む年号がサジェストされ、その中から年号を選ぶことができます。
    2-2. 次のボックスに年を半角英数字で入れます。空欄の場合は1年と解釈されます。
    2-3. ボタン[和暦 > > > 西暦] をクリックすると、西暦に変換されます。

    例) 令和2年 > > > 2020年
  3. 「西暦から和暦へ変換」の場合
    3-1. 入力ボックスに年を半角英数字で入れます。
    3-2. ボタン[西暦 > > > 和暦] をクリックすると、和暦に変換されます。

    例) 2019年 > > > 平成31年
    令和1年

なお、年途中で改元があった場合は、改元前と、改元後の両方が表示されます。
また、南北朝時代とそれに先立って持明院統と大覚寺統に年号が分かれていた時代は、両方の年号が表示されます。

Internet Explorer 11 と Edge をお使いの方へ

Internet Explorer 11 や Edge で、和暦西暦変換ツールを使われる場合、サジェクト機能にご注意ください。
Internet Explorer 11 や Edge の場合、ブラウザの仕様によりすべての候補を表示せず、入力した語が語頭にきたものしか表示しません。
例) 年号欄に「和」と入力して確定した場合、「令和」を含む 20 件が候補としてリストアップされますが、Internet Explorer 11 及び Edge ではそのうち「和銅」の 1 件しか表示されません。

お願い

ご自由にお使いください。
プログラムの動作のおかしな点、年号の誤りなどありましたら、下記コメント欄を使ってお知らせください。できるだけ修正していきます。感想等も書いていただけると助かります。


コメントを残す