設置作業はサイト管理者にしてもらおう

設置作業はサイト管理者に依頼しよう

更新日: 2016年4月29日

ここでいうサイト管理者とは、ホスティングサーバの管理者ではなく、サイト内バナーを導入するWebサイトの管理者のことです。通常は、Webサイトを制作した会社のSEなどの技術者が担当しているはずです。
サイト内バナーを設置する場合は、そのWebサイトの管理者に依頼してください。

サイト内バナーはcookieさえ使っていない、非常にセキュアなシステムで、導入時に起こりうるトラブルとしては、
「サイト内バナーが表示されない」とか、サイト内バナーにまつわることぐらいです。
つまり、その他のトラブルはサイト内バナーには関係ないといっていいでしょう。

とはいえ、実際にサイト内バナーを導入したタイミングで、何か深刻なトラブルが発生した場合は、必ず、設置作業者のミスが疑われます。たとえ、あなたが天才SEだとしても、自分が日常的に管理していないサイトの、突然のトラブルの原因を見つけるのは困難です。
そもそも突然のトラブルの原因を調べるのは、あなたの仕事ではありません。そうした事態に対応するために、サイト管理者がいるのですから。

Webサイト管理者にどうやって依頼するのか?

Webサイトの管理者に丸投げするのではなく、スムーズに作業が進むように、適切なディレクションをしてください。

まず、最終的にどういう結果がほしいかということから伝えてください。

「××のページにバナーが表示されるようにしてほしい」

目標が共有できたら、その方法について、具体的に説明します。

「まず、○○フォルダを適切な階層にアップロードしてください」
「××のページで、Queryを有効にしてください」
「それから××のページから、○○フォルダの○○.cssと○○.jsへのリンクを張ってください」

で、WordPressの場合は、

「○○.js内の変数○○Pathにパスをとおしてください」

という指示も忘れずに。必要な作業はこれだけです。

弊社サイトでは、リンクのサンプルコードを示しています。それをコピペしてもいいですが、それで終わりにしないでください。サンプルコードの意味をよく理解したうえで、フォルダの位置が違う場合など、それぞれの状況に合わせて修正してください。
サイト管理者ならくどくど言わなくてもわかるはずですが。

他社がWebサイトを管理している場合

他社がサイトを管理している場合、Webサイト管理者は見知らぬプログラムを導入することを拒むかもしれません。
そのような場合は、サイトオーナーから、サイト内バナーはサイトに必要なコンテンツであり、非常にセキュアであることと説明してもらい、設置に関してサイト管理者として協力するよう指示してもらってください。その上で、上記のように、具体的に作業を依頼してください。
できたら、相手にこちらの電話番号を伝えるなりして、メールだけでなく電話も使うようにしてください。

作業終了後、すぐにテストする

作業完了の報告を受けたら、必ずちゃんと動いているか、正しくリンクするか、すぐにテストしてください。
そして結果を電話で伝えてください。とくに修正が必要な場合は、メールも書いて、修正指示を具体的に伝えてください。
完璧にいくまで、一気にやりとりしてください。
こうした細々した作業は先延ばしにせず、テンションが冷めないうちに、一気に終わらせるのがベストです。

まとめ

サイト内バナーの設置はWebサイト管理者に依頼しましょう。他社が管理している場合も、サイトオーナーを通して、サイト管理者に依頼をしよう。依頼内容は具体的に。作業終了後は、必ずテストし、電話でもやり取りするなど、一気に進めましょう。

▲このページのトップへ