協賛企業を募る協賛バナー1 スライドバナー

協賛企業を募る協賛バナー1 スライドバナー
ホームページに協賛企業の広告バナーを掲載する学会や自治体など多く見かけます。しかし広告バナーのクリック率は 0.1%。ほとんどのユーザーは広告バナーを無視しています。広告バナーの広告効果は期待できません。そんな広告バナーに代わって、企業が協賛に協力してくれる スライドバナー をご紹介します。

スライドバナーのサンプル

協賛企業一覧

なお、ロゴバナーはこちら

スライドバナーの特長

  1. 言葉が主体 -- スライドで企業からのメッセージを繰り出していく。
  2. 企業コンセプトを打ち出し、認知度と信頼度を高めることができる。
  3. 同一スペースに複数の企業のスライドバナーがローテーションで表示される。
  4. 各社のスライドバナーの表示期間を個別に自動制御できる。
  5. 本サイト掲載前に、弊社テストサイトで最終チェックできる。

1. 言葉が主体 -- スライドで企業からのメッセージを繰り出していく

1枚目は、企業を象徴的に表す写真が表示されます。その写真の上に、文字の入ったスライドが3枚、次々とスライドイン、スライドアウトしていきます。最後まで読まないと分からず、全体でメッセージを伝えます。

2. 企業コンセプトを打ち出し、認知度と信頼度を高めることができる

真面目な企業コンセプトでも、公共性の高いホームページでは、真面目に受け取ってもらえます。掲載されるホームページの社会的信頼度が、スライドバナーの企業の認知度と信頼度を高めてくれます。

3. 同一スペースに複数の企業のスライドバナーがローテーションで表示される

スライドバナーは1社が終わると、同じものを繰り返すのではなく、小休止した後、次の企業のスライドバナーを表示します。
ですから、ホームページ側から見ると、多くのスペースを企業に提供しなくても、、幅広い企業の協賛を求めることができます。

4. 各社のスライドバナーの表示期間を個別に自動制御できる

企業ごとにスライドバナーの掲載開始日と掲載期間を設定することができます。スライドバナーは掲載開始日になると自動的に表示され、掲載期間が過ぎると、自動的にスキップ(非表示)されます。

5. 本サイト掲載前に、テストサイトで最終チェックできる

1枚1枚のスライドをいくらチェックしても、実際に動いているのを見るのと、印象は違います。デジタルエイドは、できる限り本サイトに近いホームページを再現し、ホームページ側と企業側双方に、スライドを最終チェックをしていただきます。

スライドバナーの仕様

  • 背景画像 1枚 + スライド用pngファイル 3枚。
    すべての画像の縦横のサイズは、ホームページ側が決めたサイズです。
  • どのスライドをクリックしても、表示中の企業のホームページへリンクします。
  • ユーザーがアクセスするたびに、スタート企業が変わるランダムアクセス形式になっています。全体として、掲載企業はほぼ同じ確率で最初になれます。
  • 最後の企業まで行ったら、最初に戻ります。

スライドハナーのメリット

スライドバナーには、ホームページ側、企業側、ユーザー側それぞれにメリットがあります。

  1. ホームページ側
    • 同一スペースで、複数の企業のバナーを掲載できるため、掲載企業を増やせます。
    • 企業ごとに掲載期間を設定できるので、締め切りを何回かに分けて設定できます。
    • ラムダムアクセスなので、企業に掲載順位がなく、各社平等に扱えます。
    • 事前に本番に近い形で、テストできるので、未然に問題を解消できます。
  2. 企業側
    • 企業が主体的にバナー作りができ、内容のあるメッセージを打ち出せます。
    • 動画で、かつランダムアクセスなので、ユーザーは予測できず、注意を喚起されます。
    • 動画広告を安価で実現できます。
    • 事前に本番に近い形でテストでき、微調整ができます。
    • 企業のコンセプトを伝えることができるので、無名企業・新興企業にも有利です。
  3. ユーザー側
    • 小休止時に、バナーをリプレイしたり、次のバナーをスキップしたりして、どのバナーを見るか選択できます。

スライドバナーの料金

税別
バナー制作料金
(1件あたり)
設置
または機能提供料金
(6ヶ月)
デジタルエイド制作の
ホームページの場合
10,000円 10,000円
デジタルエイドが制作していない
ホームページの場合
10,000円 30,000円

注意

  • 設置期間は6か月間で、その間、掲載企業を何度でも入れ換えることができます。
  • スライド制作はオプションです。サイズ等の仕様を守っていただければ、だれでも制作可能です。

ホームページ高機能化ツールに関するお問い合わせ

お問い合わせ
連絡先

コメントを残す


// 記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述