慈善団体への寄付を装うフェイスブック詐欺

慈善団体への寄付を装うフェイスブック詐欺

フェイスブック や LinkIn などの実名SNSなんだから悪いことをしても、一発で身元が割れるはず。だから詐欺なんてないでしょ! と思い込んでいませんか? 実名SNSという安心感を逆手に取った詐欺があるのです。実体験をもとにフェイスブック詐欺の手口を紹介し、詐欺に遭わないようにする手立てを提案します。

Tamiko Mari ダブリン

Tamiko Mari さんから友達申請を受け承認したのは、2023年11月初めです。
Tamikoさんのプロフィールは日本語で書かれていました。
水戸市出身。アイルランドのダブリン在住。引退したテキスタイルデザイナー。

フェイスブックでは友達になると、相手と二人だけでダイレクトにメッセージが交わせるようになります。
Tamikoさんはこの機能を使って、丁寧な日本語で挨拶してきたので、筆者も返しました。そうやって二人のやり取りは始まりました。
最初は、当たり障りのない話でしたが、やがて、Tamikoさんは身の上話をするようになりました。それによると、

Tamikoさんは80歳を過ぎで、咽頭がんを患い、がん末期。
亡夫の遺産も合わせ2070万ポンドの資産をアイルランドの証券会社に預けているが、死ぬ前に慈善団体に寄付したい。
でも、子どもがいないので、病床にある自分を助けてほしい。

深く付き合ったことのない筆者に高額な遺産管理を手伝わせるのは、どう見ても不自然です。
でも、一方でこうも考えました。
この人は孤独で、人生の最後に日本とのつながりを取り戻したいのかな。
それで筆者は次のように返事をしました。

筆者 11月9日

タミコさん

咽頭がんとのこと、お気の毒です。
どうか、心穏やかにあられますように。

大切な資金を慈善団体に寄付するために、お手伝いに指名していただき、大変光栄に思います。ありがとうございます。
ただ、そんな大役を私に果たせるか自信がありません。
もう少し、状況を詳しく教えていただけませんか?

送り先の慈善団体は、すでに決まっていますか?
決まっているのであれば、その慈善団体の資金管理部門にご相談されてはいかがでしょうか?
決まっていないのであれば、まず送り先を探し、担当者にご相談されるのがベストだと思います。

我ながら、What a good idea! と思ったのですが、Tamikoさんは、それには触れず、次のように返してきました。

Tamiko 11月9日

・・・略・・・すべて合法であり、資金は私と亡き夫のものであるため、誠実に出席していただきたいと思います。 私がしてほしいのは、お金を受け取るのを手伝って、私の名前で寄付することだけです。私は現在入院中で、自分では何もできないので、このお金を直接寄付することはできません。

どうやって引っ越して慈善団体に送金するのか本当に分からないので、自分の信念を試してランダムに連絡しました。私はここセントジェームス病院で治療を受けています。 住所: James Street, Dublin 8, Ireland, D08 NHY1, Private Cancer Ward 1. 私一人では何もできないので、助けてほしいです 亡き夫の家族のせいで、身近な人をあまり信頼できません ・・・

相手の質問には答えず、聞いてもいないことを先回りするように応える態度に、かえって不信感を感じました。

そこでGoogle検索したら、出てきました!
Tamikoさんも出てきましたが、ほかの名前もあり、オーストラリアだったり、カナダだったりとバリエーションがあるのがわかりました。でも、「海外在住」「日本語が書けるがん末期の高齢者」「咽頭がん」は共通でした。おそらく、メッセージのやり取りはできるが、実際に会ったり、電話したりはダメというサインなのでしょう。

Tamikoさんの話は、筆者が聞いている話とまったく同じでした。
無論、先輩も、2000万ポンドの寄付のお手伝いには疑問を持ち、
「弁護士を雇うべきでは?」
と返したそうです。その答えは、
「弁護士は信用できない」
だそうです。

Facebook navi

なるほど。ほかの人は信用できない、あなただけが頼り・・・という話の流れを決め打ちしていたから、「送り先の慈善団体に手伝ってもらう」という直球は打ち返せなかったのでした。
ともあれ、自分は病床にあるから、慈善団体に寄付するのを手伝ってほしいというTamikoさんの訴えそのものは、違法行為ではありません。
わからないのは、Tamikoさんのほんとうの狙いです。
実際に、筆者はまだ何の被害も受けていませんから。

筆者は、やたらに疑うのではなく、まず、会話を時系列に採取し、読み直すようにしました。そのほうが矛盾に気づけるからです。
そしてもう一度、訊いてみました。

筆者 11月10日

タミコさんが寄付したいと思う慈善団体どこでしょうか?

翌11月11日午前9:30頃フェイスブックにログインすると、Tamikoさんから次のような返信が来ていました。

Tamiko 11月10日

・・・このお金は、私と亡き夫がアイルランドのダブリンにある警備会社の金属製の箱に入れて預けたものです。お金は、入金されたのと同じ方法でのみ配送されます

このお金は、この寄付を完了するために必要なすべての法的および必要な書類とともに、金属製の箱に入れて日本の玄関先に送られます。また、日本の銀行に提示する際に、疑問を抱かずにポンドを円に変換するのに役立つ文書もあります。
箱は運送会社からお届けします。

日本には、このお金を寄付する特定の団体はなく、家族と呼べるのはあなただけであり、私の唯一の希望は、私が息を引き取る前にこのプロジェクトの成功を目撃することであることを理解していただきたいと思います。

箱が日本の玄関先に届けられた後、このお金を寄付する信頼できる組織を探すことができれば幸せです。 私の夫は、箱を日本に外交的に発送することを委託しました。

私と亡き夫は、貧しいホームレスの子供たちや、幼い頃に両親を亡くした子供たちを助けるために常に最善を尽くしてきました。

ここアイルランドと中国にいる夫の家族が私と亡き夫の資金を慈善団体に寄付することを拒否したので、私には選択肢がありませんでした。 彼らは自分たちの利己的な利益のためにそれを独り占めしたかったからです

亡くなった夫の家族は私を二度も殺す計画を立てましたが、失敗しました。 なぜなら、私はいつも貧しい子供たちを助けたいと思っていたからです。また、食べ物や住む場所に困っている高齢者たちも助けたいと思っていたからです。 私はほとんどの場合、テレビを見たり新聞を読んだりして、幼い子供たちが苦しんでいるのを見てよく泣きます。

話のフェーズが明らかに変わっていました。筆者が困惑していると、なんとTamikoさんがログインして、オンラインチャットを始めました。

Tamiko 11月11日
おはようございます

筆者
おはようございます。

それから沈黙。しばらくして、Tamikoさんは前回の返信への回答を促しました。

Tamiko
考えたいのはわかりますが、医療専門家によると、私に残された時間はそれほど多くないということを覚えておいてください。 できるだけ早く返信をお待ちしています
また、安全上の理由から、これはあなたと私だけの秘密にしておいてください。 セキュリティ上の理由から、ボックスについては誰にも話さないでください
わかりますか?

あなたがこのプロジェクトに参加するまで待って欲しいなら、そうします。
私の健康危機のため、自分では何もできず、余命いくばくもありませんが、皆さんのご協力があればこのプロジェクトは達成できると信じています。 私は今日まで8年4ヶ月入院していました。 そして医師の診断によれば、私の余命はあと数か月だという。 もしこのプロジェクトを完遂せずに死んでしまったら、この最後の瞬間は私にとってとても辛いことになるでしょう。 そしてそのお金は警備会社が保管することになります。 誰かがお金を請求するかもしれませんが、私はそれが起こってほしくないです。

筆者
ごめんなさい。
話がよく呑み込めません。疑問点を書き出してみました。

  1. お金は証券会社に預けたとおっしゃっていましたが、なぜ、警備会社にあるのですか?
  2. 日本の玄関先とは、どこですか?
  3. 日本には、寄付する特定の団体がないのであれば、円に変換するのは無駄であり、ポンドのまま、寄付されるのがよいのではありませんか?
  4. 具体的に、私に何をしてほしいのでしょうか?

Tamiko
とても大金だったので、夫は証券会社に預けることにしました。お金はポンドで寄付できますが、箱の中には銀行で質問することなくポンドを円に両替できる書類も入っています。 , まず、配送会社から箱を受け取るのを手伝ってほしいのですが、箱が届きましたら、次に何をすればよいかをお伝えします。

筆者
その箱はどこに届くのですか?

Tamiko
私が前に言ったように、運送会社の指示に従えば、箱は日本のあなたの玄関先に配達されます
分かったか?

筆者
あなたは私の住所をご存じなんですか?

Tamiko
あなたが箱を受け取る前に、私はまずあなたをその箱の唯一の受益者として登録し、それからあなたが現在賢治タミコ夫人のマリ委託品箱の唯一の受益者であることを記載した委任状を配送会社に送ります。

上記の詳細が必要になります

フルネーム:
現在の住宅の住所:
年齢:
プライベート電話番号:
Eメール :

ここで、筆者は話を打ち切ってログアウトしました。もう午前10:30を過ぎていました。

このやり取りの間、筆者は相手のミスに気付きました。
日本時間の午前9:30~10:30は、9時間時差のあるダブリンでは深夜の1:30~2:30です。
「おはようございます」
などと時差を全く意識せずに話しかけてくるのはおかしいし、入院中の末期がんの患者が夜中に1時間もチャットするのも不合理です。

なぜ、証券会社が警備会社に代わってしまったのか。
筆者は、証券会社といったTamikoさんと警備会社といったTamikoさんは別人ではないかと推測しています。
証券会社のTamikoさんをオペレーターとすると、警備会社のTamikoさんは指示役で、10日の時点であと一押しで、筆者を落とせそうと踏んだのでしょう。指示役がオペレータ-に変わって、ケリを付けようとしたのではないか。だから、それまで使っていたマニュアルから離れてしまった --と思われます。

さらに、オンラインチャットも偶然ではないでしょう。
フェイスブックには、ログインすると友達がログインしているかどうかわかる機能があります。
なので、筆者がログインするのを待ち構えていて、リアルタイムのチャットで筆者を追い込んでいこうと目論んでいたと思われます。

彼らの狙いは、寄付金の仲介だと思わせて、個人情報を詐取することであるのは間違いないでしょう。
個人情報があれば、偽アカウントが作れます。
Tamiko Mari も同じような手口で入手した偽アカウントかもしれません。

フェイスブック詐欺に遭わないために

フェイスブック詐欺には、マニュアルがあります。
今回の場合、「海外在住」「日本人女性」「咽頭がん」というキャラが「慈善団体に寄付するのを手伝って」と持ち掛けてくるパターン。
マニュアルを研究し、パターンに当てはまるものを排除するというのも、一つの手かもしれません。
ただ、そのやり方では、マニュアルが更新されて、別パターンになった場合、対応できません。

知らない人の友達申請はすべて拒絶すべきという人がいますが、筆者はそれは勧めません。フェイスブックは交流を広げるのが目的なのだから、「知らない人だから」「日本語がヘンだから」という理由で人を拒絶していたら、人生を豊かにする出会いがなくなり、簡単に騙される人になってしまいます。

まず、人を信じて話を聞くこと。相手の話を論理的に整理しながら、わからないことは直接問い、理解を深めること。その過程で、不自然な点や矛盾を解消できないのであれば、その人を疑い始めればいいのです。
友だちを疑ってはいけない、という考えは間違っています。友だちだろうが、親だろうが、根拠があれば疑い、少なくても自分は利用されないように自衛することは必要です。

コメント (4件)

  1. 私もオーストラリアのガン患者から、入院先の病院名も記入して、金額は米ドルで、日本円で5億円くらい、運送会社と話して、入院中なので、運送料を立て替え払いを依頼が全てです。今度は投資銀行に預けているので送金を依頼すると、銀行側がネットバンキングの口座開設を無料でしてくれて、残高確認も出来るので、日本の銀行口座に振り込みして、最後の確認番号を要求されて、不明のために銀行に確認すると、暗唱番号作成手数料を要求されたり、また、海外銀行から世界共通のクレジットカード、一日100万円の使用可能カードを手数料として日本国内で販売されてるアップルカード5万円分を送ってもらえば作成して自宅あてに送ります。とか。

  2. タチバナさん、たいへんでしたね。
    やはりダイレクトメッセージでアプローチされたのではありませんか?
    Facebookの目の届かない箇所なので、やりたい放題ですよね。
    コメントいただいたように、具体的な手口を教えていただけると、被害を防ぐのに役立つと思います。ありがとうございます。

  3. 令和6年1月に入って、私のFacebookに友達なりたいとの”Yuko Inagaki”の名でリクエストがあり、許可したところ、以下、メッセージにてやりとりを下記します。
    1/15Yuko 
    こんにちは お元気ですか? ご承認いただきありがとうございます。 お会い出来て嬉しいです。 充実した一日を過ごしていますか? 今後ともよろしくお願いします。
    1/16私 
    自分を励まし、生きる意味を、大事に一日一日を過ごすことも、楽しいものです。私はこのように、生きているつもりです。
    1/17 Yuko
    優しいお言葉と祈りをありがとうございます。 あなたはとても優しい人だと言わざるを得ません。 あなたのような人に出会えてうれしいです。 このつながりを大切にしていきましょう。 運命が私たちを結びつけたのには理由があると信じています。 私の健康状態が悪化する前に。 私は以前、不動産営業のマネージャーとして働いていました。 また、私は以前NGOでボランティアをしていました。 私は、現在の体調不良を理由に2017年に退職しました。 私の夫は亡くなる前、オーストラリアの金採掘会社で働いていました。 どうか、私に優しくしてください。 それで教えてください、あなたは何歳ですか? あなたの職業はなんですか?
    1/18私
    私のFacebook友達欄を見て頂ければ、お分かりになると思いますが、私はこの3月で80歳になります。職業はすでに定年退職してから、20年もたち、現在は子ども食堂など、ボランティア活動しています。実年齢よりも、若く見えると人は言います。従って、この活動を続けていきたいと思っています。良ければ、私の活動状況はこのチャットに載せたいと思います。
    1/18Yuko
    あなたはとても熱心に最高の人生を送っていると言わざるを得ません。あなたが活力と活力に満ちているので、人々があなたを年齢より若いと言われる理由がわかるような気がします。 ところで、私の最後の願いは慈善活動のために考えられたものですが、私は病気のため一人ではそれをすることができません。 私は亡くなった夫から約9億円を相続しました。そして、私はそのお金を、高齢者のための家の建設、貧しい人々の支援、孤児の支援、コロナウイルスの影響を受けた人々の支援などの慈善活動に費やすことについて非常に誠実です。 自然災害で被害を受けた人たちへの支援金。 私を助けていただき、そのお金を慈善活動に使っていただければ幸いです。
    1/18私
    私は、私なりのボランティア活動ををしています。あなたはあなたなりの、慈善活動かもしれませんが、とてもこのような大金は扱いかねますし、日本の慈善団体に寄付しなくても、54年間住まわれていると言うオーストラリアでの人道援助もできると思います。どうぞ、あなたが生きる為、身近なところでの使い道を考えてください。
    1/18Yuko
    お金が大きすぎることは理解していますが、あなたなら慎重に扱うことができると信じています。 私はあなたのことを信じています。 あなたが私の提案について考えてくれていることは知っていますが、貧しい人々を助けることについての私の内なる気持ちを理解してほしいのです。 運送会社から箱を受け取り、日本の慈善活動にお金を使うのを手伝ってください。 私は、夫が生きていた頃、オーストラリアやその他の国で多くの慈善活動を行ってきました。余命数か月となった今、祖国日本に対する愛から、最後の財産としてこのお金を彼らに寄付することにしました。 そして、私が死ぬ前にこの願いを叶えるのを手伝ってほしいです。 私の人々は最高のものを受けるに値します。 私の最大の喜びは、箱があなたに到着し、もちろん、私たちが計画したように本来の目的に使用されることです。 この作業には、難しい作業は必要ありません いかなる目的であってもオーストラリアに行く必要はありません 運送会社がお金の入った箱を玄関までお届けします。 あなたがしなければならないのは、あなたの近くの貧しい人々を助けるためにそのお金を使うことだけです。 私はあなたを信じています、なぜなら私をあなたの側に導いたのは運命だからです、どうか私を助けてください。
    1/19私
    そちらの時間では今が明ける寸前になると思いますが、夜通しこのようなチャットのやり取りはあなたの健康にもよくないと思います。どうぞ、寄付金のことは忘れて、お休みください。あなたを助けるのは、お金のことではなく、まして運命でもなく、自分の為に生きることです。これを一読した後、必ず就寝ください。
    1/19Yuko
    親切な対応に感謝し、また、私の健康を最大限に気にかけていただきました。 しかし、私は自分の健康を心配しており、私がいつ死ぬかについて医師の運命が間違っていることを証明するために、信仰を持って回復することを同様に望んでいます。 私は、死のことや自分の健康状態がどれほど悪化したかについて話すのは決して楽しいことではありません。 私は、生と死の瀬戸際にいるので、この世での最後の願いを達成することの方が大切だということを知っていただきたいのです。 私は、この人道的支援をあなたに託すことは、私たちがこの世に存在する前から、私たちと神との間で合意されていたことだと信じています。 なぜなら、私は、運命がこの目的を達成するために私たちを結集させたと信じているからです。そして、この尊い寄付金で周りの困っている人々を助けたことを決して後悔しないと断言できます。 この物件をあなたのものとして扱ってください。 はい、もちろん、私の財産はあなたのものであり、あなたはこのお金を正しい目的に使うだろうということは承知しています。 分かりましたか?
    1/19私
    あなたの最後のお願いを聴いてくれるのを託すのは、あなたの弁護士さんが最適と思います。あなたは、不動産業のマネージャーをやっていたとのこと、またオーストラリアやその他の国で多くの慈善活動を行ってきたとのことですので、経験豊かですので、相談できる弁護士さんに、資産管理や日本の慈善団体への送金など、お願いしたらどうでしょうか、あなたはそれを私を通じてやたいとのことのようですが、私は、自分でできる範囲のことしかやりません。(自力でやりますし、まして他人様のお金など一切預かりません。)あくまで、チャットでのお話だけにとどめおきたいです。もうお金の話はやめてください。
    1/19Yuko
    前向きなご回答をいただきありがとうございます。 ただし、この寄付に関するすべてが合法であることを知っておいてください。 箱が問題なくあなたの玄関先に安全に届くために必要なすべての書類は、検証のためにあなたに送信されます。 宅配便が玄関に到着したとき。 彼らは、私の署名入りの手書きのメモをあなたに手渡します。 ちなみに、弁護士に相談することは現時点では不可能です。 私の亡き夫の家族は、彼らが貪欲で、邪悪で、残酷であるという理由だけで、私の弁護士が私を助けるのを止めました。 ただし、それでも弁護士に相談したい場合は、箱がお手元に届いたらすぐに弁護士に相談してください。
    1/20 私
    弁護士を介在したほうが良いのは、私の知人にも弁護士がおりますが、彼のアドバスによるものです。これが最善の方法ということです。これは不動産マネージャーを長年経験しているあなたが、一番わかっているはずです。以上です
    1/20Yuko
    肯定的なフィードバックをいただきありがとうございます。 先ほども言いましたが、現時点では弁護士に相談することはできません。 現在ステージ4の喉頭がんの治療中です。 それは私の喉のあらゆる部分に転移しました。 私は、悪性腫瘍により声を失い、声を出すことができなくなりました。 ただし、それでも弁護士に相談したい場合は、箱を受け取ったらすぐに相談してください。 それまでの間、当社はお客様の個人情報を配送会社に提出する必要があります。配送会社はお客様にご連絡し、ボックスを受け取るための条件を提供します。 分かりましたか?
    1/21私
    私の顧問弁護士によると、あなたのやろうとしていることは日本の法律では、外為法や関税法に引っ掛かる恐れがあるといっています。外国からの送金は銀行間の口座取引しかないそうです。従って運送業者が箱での現金送金は輸入不可です。
    1/21Yuko
    このお金は送金できないことを理解していただきたいと思います。 先ほども言いましたが、9億円が入った貸金庫はオーストラリアの警備会社・運送会社の貸金庫に保管されています。 なお、金銭は日本円に換算されており、外為法等の法令に違反するものではありません。 この貸金庫の配達中に発生するすべての物流は運送会社が負担します。 だから何も心配する必要はありません。 分かりましたか?
    1/21私
    法律の専門家が言っているのです。法を犯すことは犯罪でになります。
    1/22Yuko
    わかった! では、あなたのやり方で、そうしましょう。 ところで、あなたは何かを忘れているような気がします。 つまり、私には話す能力がありません。 しかし、その後、私は、あなたの法律顧問がメッセンジャーや電子メールでチャットできることを願っています。 あなたの意見を聞かせてください、ありがとう!
    1/22私
    今電話連絡したところ、先生がこちらに到着する前に私の方から、あなたに対して、確認し手於いてほしい旨、連絡ありましたので、その件について下記のように申し上げますので答えてください。その内容は、これまでのチャットでの話の再確認のように受け取りましたが、以下申し上げます。
    ①あまたのお名前は漢字で稲垣由子でよろしいですか②あなた現在74歳でオーストラリアのクイーンズランド州のタウンズビル病院で喉頭がん(ステージ4)の治療を受けている。現在容体が悪く、話すこともできないので、たまたまF・Bookで知り合った、私の友人に、数年前なくなった夫の遺産9億円を貸金庫に預けているので、これをあなたの配送会社を通じて日本の玄関先に届けるので、日本の慈善団体に私の友人を介して届けてほしい。➂あなたは2017年に病気の為、不動産マネージャー退職したそうですが何歳からこの仕事に就いたのですか、以上確認とご質問に答えててください。
    1/22Yuko
    返信に時間がかかってしまい申し訳ありませんが、循環器専門医の診察を受け、治療後は十分な休息を取るように言われました。 1) 稲垣優子 これは私の名前を漢字でお願いします。 2) その通りです! 私は現在、1949 年 8 月 30 日生まれの 74 歳で、あと数か月で 75 歳になります。 それまで生きていられる十分な時間があればの話だが。 あなたは正しいです。 私は現在、オーストラリア・クイーンズランド州のタウンズビル病院および医療サービスでステージ4の喉頭がんの治療を受けています。 悪性の癌腫瘍が喉全体に転移し、それにより私の話す能力が損なわれていました。 医師らは、癌はもう治癒不可能で、私の余命は短いと言いました。 どうか、私に優しくしてください。 F-Bookで私を知っているあなたの友人が誰なのか聞いてもいいですか? また、配送ミスを避けるためには、自宅の住所を通じてボックスを受け取ることが素晴らしいアイデアだと思います。 3) 私は、28 歳から 32 歳まで事務員として働き始めました。ある時点で会社が倒産し、亡くなった夫が差し押さえとリース コンサルタントとして別の仕事を得るまで、私は主婦としての義務を果たしていました。 ラプトン・フォーセットにて。
    1/22私
    お答え頂ききありがとうございます。これから、あなたのお答えつき、弁護士に電話して伝えますが、まだ朝早いのでしばらくお時間を下さい
    1/22Yuko
    わかった! どうか、私が死ぬ前に夢を叶えられるよう、全力を尽くしてください。 この件に関してあなたとあなたの弁護士がどのような判断を下すのか教えてください。 私は、あなたがこの人道支援に関して正しい決断を下してくださると信じています。 しかし、私は、余命わずかしかなく、ひどい痛みを抱えていることを知っておいてほしいのです。 私を助けてください!
    1/23私
    弁護士がどのような判断を下すのか教えてください。との事、電話で話したことを、伝えます。弁護士から頂いた情報はいろいろありますが、まず1点、あなたのオーストラリア配送会社が日本へ自宅の住所へ現金等のボックスを送り、私が受け取ることのプロセスは日本の関税法違反になります。詳しくは関税法で輸入が禁止されている貨物の物品は貨幣、紙幣もしくは銀行券等などが含まれます。現金は送れないので、物品送り状や、告知或いは申告書に虚偽記載することになります。これらは犯罪になります。以上あなたはどのように考えているのか聞いて欲しいとのことです。
    1/23Yuko
    私は、あなたの言ったことをすべて理解しています。 ここであなたの時間を無駄にするつもりはありませんし、できる限り最善の方法であなたの質問に答えようと思います。 ただし、このお金は日本円に換算されており、外為法を含むいかなる法律にも違反していないことを知っておいてください。 この貸金庫の配達中に発生するすべての物流は運送会社が負担します。 あなたが箱の真の所有者であることを証明する法的証明書があることにご注意ください。 この書類にはあなたの名前が書かれており、箱が到着したときにあなたに渡されます。 したがって、箱はあなたの所有物となるため、贈与税の支払いを求められることはありません。 ですから、何も心配する必要はありません。
    1/23私
    箱の所有者であることを証明する法的証明書があることなど全く関係ありません。箱を受け取るプロセスが日本の法律に違反するのです、これが関税法に違反することを法律を専門の弁護士が言っているのです。犯罪になります。
    1/23Yuko
    これは悲しいことだ。 あなたに対して悪気はありませんが、一つだけ質問させてください。 あなたの信頼を得るには、どうすればいいですか? 私たち全員にとって、これは困難な状況です。私は寝たきりで、生き残る希望も何もありません。 私たちが希望を与え、生きる必要があると感じさせることができる子供たちがそこにはいます。 私は守れない約束はしません。すべての書類を持っており、この荷物が本物であり、できるだけ早くあなたの住所に届けられることを証明します。 人類は成功するために犠牲を必要とします。 私と夫の長年の貯蓄を、この子供達の命のために犠牲にします。どうか今一度だけ私を助けてください。私に会ったことを後悔しないと約束します。 前にも言ったように、私にはこの重荷を分かち合える人が他にいません、あなたは私の唯一の希望であり、生き残る源です。 どうか、何としても、この地上で私の願いを叶えて欲しいです。 どうか、これを実現できるのはあなただけです。 もしあなたが私の立場だったら、どうしますか? 考えてみてください
    1/23私
    あなたの信頼を得るには、どうすればいいですか?これに応えます。すべての行動に対し、法律を守ることです。以上です。
    1/23Yuko
    私の言葉は私の法です! ここですべてを間違っているのはあなたであると私は言います。 なぜなら、あなたはこの人道援助にどれだけの誠意があるかについて無関心だからです。 私は、この崇高な任務についてあなたに説明する必要があるすべてを説明し、また、死ぬ前に地上で私の願いを実現するために助けを求めてあなたに叫びました。 しかし、あなたは聞く耳を持たなくなっています。それが良いことなのか自問してください。 さもないと、 私が従わなかった法律は何ですか? 主の律法と戒めですか? それとも、隣人に親切にするという宇宙の法則でしょうか? あなたが他の人が幸せになり、守られ、苦しみから解放されることを望む傾向がある場合。 言い換えれば、あなたが彼らに対して思いやりを持っているなら、ということです。 彼らに危害を加えたくないでしょう。 あなたが私や今困っている人たちにしていることは非人道的ではないと思いますか?
    ここの法律を遵守していないのはあなただけのように見えませんか? あなたは慈善活動のボランティアではないのですか? 教えてください、これはあなたが他人を助ける方法とどう違うのですか、非人道的なものを助けるのが気になるのですか? 私の人生の悲しい物語、私の不安定な病気、そして私の人生がどう終わるのかをあなたに話すことは、喜びなことだと思いますか、それとも誇りに思うことですか? このお金が私にとって役立つものであれば、私はその一部を自分のために使い、残りは寄付したでしょう。
    1/23私
    善意も法律を守らなければ善意になりません。
    1/23Yuko
    私は、もう一度自信を持って言いますが、箱の所有権を証明するために、法律に問題なく現金を受け取ることは可能です。 したがって、そのようなお金を受け取ることは合法です。 外国通貨ではありません。 また、現金はすでに日本円に換金されています。 それは弁護士が私に何をしてよいかと言っているのではなく、人間性、理性、そして正義が私にそうするべきだと教えていることです。 運送会社は登録された国際会社です。 彼らは世界中に商品を配送するライセンスを取得しています。 前にも言ったように、私は自分の国日本が大好きなので、箱を受け取るのを手伝ってほしいのです。 私の亡き夫の家族は邪悪で残酷です。 彼らは誰も私を助けるのを止めました。 だから私には助けてくれる人がいません。 あなたが良い人だとわかっているので、箱を受け取るのを手伝ってほしいのです。 分かりましたか? どうか礼拝の際、このことについて祈っていただきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。
    1/24私
    日本へ現金は貨物で送れないので、貨物の送り状はどのような名称にするのですか、これを偽って送れば、関税法違反です。また弁護士情報で、あなたのような外国からの日本女性→末期の喉頭がん→夫の遺産を日本の慈善団体寄付を託す→その金額の30%お礼→個人情報を聞き出す。このパターンが定形化しているとのこと。これに対し、あなたはどう思いますか

    ここからYukoさんの返事が無くなりました。
    以上やりとりが長く続きましたが、これでもやり取りの半部ぐらいをここに載せました。

  4. 大橋堅固さん、やり取りを詳しく教えてくださいまして、ありがとうございます。
    現金を送るのは違法行為という指摘は鋭いですね。
    最後まで、あくまでも冷静に対話されたのはすばらしいですね。
    ボランティア活動、がんばってください。

コメントを残す