前問の回答によって、次の質問項目が変わるフレキシブルフォーム

トップイメージ:フレキシブルフォーム

ホームページのフォームメールには、さまざまな入力項目を盛り込むことができます。しかし項目が多すぎると、回答者は嫌になってしまいます。そこで、前問の回答によって、項目が増えたり、減ったりするのフレキシブルフォームを作ってみました。

フレキシブルフォームのサンプル

この問診フォームでは、高熱などの新型コロナウイルス感染が疑われる健康状態の場合、持病の有無を確認する項目が現れるようになっています。ちょっと試してみてください。
なお、入力データはサーバに保存されることなく、送信をクリックしてもどこにも送信されません。

入力

入力 確認 送信

送信

入力 確認 送信

    受診者情報

    cm
    kg

    現在の健康状態

    既往歴 必須

    オンライン診療予約

    確認

    入力 確認 送信

    受診者情報

    受診者氏名
    性別
    生年月日
    身長
    体重
    初診/再診
    診察券番号
    電話番号
    郵便番号
    住所
    付き添い

    現在の健康状態

    現在の体調
    その他:
    現在治療中の病気:
    受診の目的
    その他:

    既往歴

    現在かかっている病気
    現在飲んでいる薬
    過去にかかった大きな病気
    家族の既往症
    薬・食べ物のアレルギー
    喫煙習慣
    飲酒習慣
    妊娠
    授乳

    オンライン診療予約

    診察希望日
    支払方法

    フレキシブルフォームのお問い合わせ

    フレキシブルフォームの料金は打ち合わせののち、お見積もりいたします。お問い合わせフォームより、打ち合わせの申し込みができます。なお、打ち合わせは、オンラインもしくは電話・メールになります。

    お問い合わせ


    コメントを残す


    有限会社デジタルエイド
    〒533-0013
    大阪市東淀川区豊里3-6-7404
    050-6870-5000