自社サイトに設置できる視聴制限付き動画配信システム

トップイメージ:視聴制限付き動画配信システム

内容に自信のある動画なら、視聴を有料にし、広告料はなく、動画そのものから利益を上げたいところです。 そのためには、まず、不正ダウンロードさせないしくみを作る必要があります。それなら、「ストリーミング配信が安全」というのは思い込みです。ストリーミングでも不正にダウンロードされます。
デジタルエイドは、自社サイトにセキュアな動画配信システムを構築し、ユーザーごとに視聴期間を設定するという方法を提案します。

動画配信システムのサンプル

視聴制限付動画(サンプル)

動画ダウンロードとストリーミング

動画の視聴のしかたは、動画ダウンロードとストリーミングの2通りがあります。
動画ダウンロードとは、最初に動画データをダウンロードし、すべて取り込んでから再生するため、再生スタートするまでに若干時間がかかります。一方、ストリーミングは、動画データを小分けにして送信するため、受信側では、データを受信しながら再生することができます。そのため、再生スタートが早くなります。

確かにライブ配信ならば、ストリーミングのほうが好ましいかもしれません。しかし、予め、録画された動画コンテンツを配信するのであれば、それほどバカでかい動画でない限り、再生までの時間が多少かかろうがかかるまいが、それほど問題にすることではないでしょう。通信速度が飛躍的に早くなった5G時代に、動画の再生までの時間は微差にすぎません。むしろ、コンテンツこそ重要です。

なお、動画ダウンロードといっても、動画ファイルの形でダウンロードするのではなく、ユーザーはいったん動画を再生したからといって、ただちに動画ファイルを取得できるわけではありません。
ちょうど、ホームページで画像が表示しても、その画像ファイルを取得できるわけではないのと同じです。

ユーザーごとに視聴期間を限定する

動画配信で一番気を付けなければならないことは、動画ファイルをユーザーに取得され、拡散されることです。とくに有料で配信する場合、ビジネスが成り立たなくなります。
その意味で、ダウンロードサイトから動画ファイルが抜かれてしまう YouTube などの外部サービスの利用も好ましくありません。
また、いつまでも無制限に視聴できる状態に放置するというのも避けるべきです。

デジタルエイドでは、視聴制限付動画配信システムを開発しました。
視聴制限とは、特定のユーザーのみ視聴できるというだけでなく、視聴期間も制限されるということです。当然、視聴者ごとに視聴期限が変わります。
こうした制限は、動画配信者がユーザーごとにパスコードを発行することで可能になります。

なお、視聴期間を設けても、適切な期間が設定されていれば、購入者から不満が出ることはあまりないでしょう。古い動画をいつまでも見せるよりも、むしろ、新しい動画をどんどん配信するほうが支持されるはずです。

視聴制限付動画配信システムの料金

項目料金(税込)備考
基本料金220,000円システム構築料金と設定設置料金を含む
動画登録単価1,100円
会員サイト構築330,000円~

動画配信システムのお問い合わせ

動画配信システムの料金は打ち合わせののち、お見積もりいたします。下記、お問い合わせフォームより、打ち合わせの申し込みができます。なお、打ち合わせは、オンラインもしくは電話・メールになります。

    お問い合わせ
    対象のWebツール フレキシブルフォームプルダウン式一覧表検索視聴制限付動画配信システムスライド広告和暦西暦変換Webツールその他
    必須
    連絡先
    ホームページアドレス
    〒 

    郵便番号を入れると、住所が町域まで入力されます


    コメントを残す


    有限会社デジタルエイド
    〒572-0856
    大阪府寝屋川市宇谷町5-3 1049
    050-6870-5000
    logout