大化から令和まで和暦西暦変換bツール

トップイメージ:西暦和暦変換Webツール

役所の文書には、平気で「平成45年」なんていう表記が出てきます。これを見て、すぐにこれから何年先のことかわかりますか? 「えーと、えーと・・・」となる人は、和暦西暦変換ツールで西暦に変換してみてください。

和暦から西暦へ変換
西暦から和暦へ変換

和暦

 

西暦

 


西暦

 

和暦

 
 
 
 
 
 
 
 

 

和暦西暦変換ツールとは

和暦西暦変換ツールは、和暦から西暦(グレゴリオ暦)へ、西暦から和暦へ、双方向に変換するwebツールです。
当 Web ページ上に設置してあるので、インストールの必要はなく、スマホでも、タブレットでも、パソコンでも、そのままお使いになれます。ご利用は無料です。ユーザー登録の必要もありません。

和暦西暦変換ツールの使い方

  1. まず変換方向を選びます。初期設定は「和暦から西暦へ変換」になっています。
  2. 「和暦から西暦へ変換」の場合
    2-1. 最初の入力ボックスには年号を入力します。
    2-2. 隣のボックスに年を半角英数字で入れます。空欄の場合は1年と解釈されます。
    2-3. ボタン 和暦 西暦 をクリックすると、西暦に変換されます。
    例) 令和2年 2020年
  3. 「西暦から和暦へ変換」の場合
    3-1. ボタン 〇西暦から和暦へ変換 をクリックして変換方向を変えます。
    3-2. 入力ボックスに年を半角英数字で入れます。
    3-3. ボタン 西暦 和暦 をクリックすると、和暦に変換されます。
    例) 2019年 平成31年 令和1年

なお、年途中で改元があった場合は、改元前と改元後の両方の年号が表示されます。
また、南北朝時代とそれに先立って持明院統と大覚寺統の二系統に年号が分かれていた時代は、両方の年号が表示されます。

お願い:不具合がありましたら、ご連絡ください

弊社サイトに設置している和暦西暦変換ツールは、ご自由にお使いください。無料で、登録の必要もありません。
もし、プログラムの動作がおかしい場合、年号の誤りなど気が付かれた場合、下記コメント欄を使ってお知らせいただけると、すぐに修正いたします。感想等も書いていただけるとありがたいです。

和暦西暦変換ツールの料金

和暦西暦変換ツールをカスタマイズして(配色を変えて)、自社サイトに設置したいというご要望にお応えします。

(税別)
導入料金0円
設定設置料金(オプション)10,000円
カスタマイズ料金(オプション)10,000円

和暦西暦変換ツールのお問い合わせ

    お問い合わせ
    和暦西暦変換スマートQ&Aスクロールアップ上級版一行メッセージカウントダウンタイマーカウントダウン30一覧表検索サイト内論文検索テロップ付きスライドショーフレキシブルフォームスライド広告サイト内スライドバナー視聴制限付き動画配信制作依頼その他
    連絡先
    宣誓

    コメントを残す