Web高機能化ツール 利用するコツ

Web高機能化ツールを利用するコツを解説します。

設定ファイル生成ページが新しくなりました

設定ファイル生成ページが新しくなった。これまで同様、会員認証⇒会員専用ページへ⇒設定フフォームに設定値を書き込む⇒設定ファイル生成/ダウンロード、という手順になる。ダウンロード後も、直近の設定値を参照しながら、再設定できる。

設定ファイル生成画面
更新日: 2016年8月18日

バナーを複数ページから呼び出す方法

ユーザーは必ずしも、トップページから閲覧するとは限りません。サイト内のどのページにアクセスしても、確実にお知らせを伝えるには、サイト内バナーを複数ページから呼び出すように設定する。呼び出しページからパスを通すようにして、リンクを付けていこう。

バナーを複数ページから呼び出す方法
更新日: 2016年8月12日

表検索開発の舞台裏

表検索は、HTMLの <table> で書かれた表を、列ごとに検索絞り込みするシステムだ。
じつは、これは依頼された作業がとても出来そうもなかったので、代案としてひねり出した苦肉の策だった。表検索開発にまつわるエピソードを紹介する。

表検索開発の舞台裏
更新日: 2016年8月5日

バナーが意図通りに表示されないとき

サイト内バナーが意図通りに表示されない場合、設定を見直してみよう。タイトルやコピーが長すぎるときは、言葉を詰め込みすぎず、短い、印象的なフレーズで決めよう。画像は、640ピクセル以下にリサイズし、軽くしよう。

画像が重すぎる
更新日: 2016年8月1日

バナーのコピーは何字が適切か

サイト内バナーでコピー文を書く際は、見るデバイスによって、フォントサイズが変わる。ターゲットがいちばんよく使うデバイスサイズで最適に見えるように、文字数を変えてテストしよう。

画面サイズによってフォントサイズが変わる
更新日: 2016年6月15日

設置作業はサイト管理者にしてもらおう

サイト内バナーを設置する場合は、設置作業はそのWebサイトの管理者に依頼しよう。もちろん、丸投げするのではなく、何をどうしたいのか目的にを共有したうえで、具体的な指示をし、テストも含め、作業を一気に終わらせよう。

設置作業はサイト管理者に依頼しよう
更新日: 2016年4月29日

サイト内バナーで利益を上げよう

デジタルエイドのサイト内バナーはプログラムで動きや機能を制御しているが、カスタマイズにはプログラミングは不要で、Webクリエイターレベルのスキルがあれば十分だ。収益性の低いバナー広告から、サイト内バナーへスキルアップしよう。

サイト内バナーで利益を上げよう
更新日: 2016年3月25日

バナーの鮮度を判定する

サイト内バナーの「表示開始日時」はバナーの鮮度を示し、それによってプログラムは「次回以降、表示しない」というリクエストの有効性を判断する。

サイト内バナーの鮮度を判定する
更新日: 2016年3月18日

サイト内バナーが使いまわしできるわけ

デジタルエイドが提供するサイト内バナーはすべて、プログラムから設定が分離され、設定ファイルを書き直すだけで、設定を変えることができます。これにより、何度でも使いまわしできるようになりました。

使いまわしが利くサイト内バナー
更新日: 2016年2月9日
▲このページのトップへ